Vagrant(ベイグラント)は便利です

11月 19th, 2015 by onoue Leave a reply »

vagrantがいかに便利かを説明します。開発者にはとても便利なツールです。

Vagrantを使って仮想マシンを作るのってこれだけですよ。これだけ。

$ sudo pacman -S virtualbox       #virtualboxパッケージのインストール
$ sudo pacman -S vagrant          #vagrantパッケージのインストール
$ vagrant plugin install vagrant-vbguest vagrant-share #プラグインのインストール
$ mkdir -p ~/dev/vagrant/jessie64 #作業フォルダ作成
$ cd ~/dev/vagrant/jessie64       #作業フォルダに移動
$ vagrant box add debian/jessie64 #仮想イメージのダウンロード
$ vagrant init debian/jessie64    #仮想環境の初期化
$ vagrant up                      #仮想環境の起動
$ vagran ssh                      #仮想環境へのログイン

次にまた起動したいときもこれだけ。

$ cd ~/dev/vagrant/jessie64       #作業フォルダに移動
$ vagrant up                      #仮想環境の起動
$ vagran ssh                      #仮想環境へのログイン

lxcを使うときもこんだけ

$ pacman -S lxc arch-install-scripts #パッケージのインストール
$ vagrant plugin install vagrant-lxc #プラグインのインストール
$ mkdir ~/dev/vagrant/jessie64lxc    #作業フォルダ作成
$ cd ~/dev/vagrant/jessie64lxc       #作業フォルダに移動
$ vagrant init glenux/jessie64-lxc   #仮想環境の初期化
$ vagrant up                         #仮想環境の起動
$ vagran ssh                         #仮想環境へのログイン

(lxcを使えるようにするまでは、もう一手間必要ですが。それでも素のlxcを使うよりは断然楽です)

Vagrent – Archlinux

「debian/jessie64」「glenux/jessie64-lxc」とかは、「Base Box」といって、以下のサイトのリストからよさそうなものを選びます。

Vagrant Cloud

ちょろっと見てみましたが、
「dpsxp/windows-ie10」とか「dpsxp/windows-ie9」とかもあるのですね。ボリュームライセンスがあれば、テストがはかどりそうですね。

追記

作った仮想環境の削除方法

$ cd ~/dev/vagrant/jessie64lxc #作業フォルダに移動
$ vagrant destroy              #仮想環境の停止と削除

インストールすると、Base Box が保存されるので、そのファイルは上記コマンドでは削除されないので、手作業で削除します。場所は「~/.vagrant.d/boxes」です。これを知らずに、知らぬまにハードディスクの残り容量が0になってことがありました。

Advertisement

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。