Archive for the ‘コンピューター’ category

org-modeから直接PDFを出力してみる

9月 11th, 2019

org-modeを使って、PDFファイルを出力するのは、いったんODTファイルに出力した後、LibreOfficeを立ち上げてから、PDFに出力するのが一般的だろうと思う。

しかし、本来はODTファイルを経由しなくともLaTex経由で直接PDFファイルを生成できるはずである。

実は何度か試してはいたけれど、エラーがでるので放置していたのだ。

今日になってやっと一応出力できたので、まとめておく。

まず、以下のパッケージをインストールする。エラーが出たら、*Messages*バッファをチェックしてエラーを潰していこう。

pacman -S texlive-bin texlive-core texlive-latexextra texlive-fontsextra otf-ipamjfont otf-ipaexfont

いろいろ試したので、不要なパッケージもあるかもしれない。
さらに手作業でできあがったtexファイルの冒頭の部分を以下のように変更する。

変更前

\documentclass[11pt]{article}

変更後

\documentclass[pdflatex,ja=standard]{bxjsarticle}

そして、

pdflatex hoge.tex

うん、ODTファイルでいいや。

"https://texwiki.texjp.org/?LaTeX-CJK"

追記

"https://texwiki.texjp.org/?Emacs%2FOrg%20mode" なにげにググってみると、たまたまビンゴの情報にヒットしたので、設定ファイルを追加してもう一度やってみた。設定例のLinuxの項目を init.el に追加して、PDFを作成してみた。

(setq org-latex-pdf-process '("latexmk -e '$latex=q/uplatex %S/' -e '$bibtex=q/upbibtex %B/' -e '$biber=q/biber --bblencoding=utf8 -u -U --output_safechars %B/' -e '$makeindex=q/upmendex -o %D %S/' -e '$dvipdf=q/dvipdfmx -o %D %S/' -norc -gg -pdfdvi %f"))

の行で %S がどうとかエラーがでるので、この部分はコメントアウトして、もう一度作成。

成功。

LaTex出力らしい、かっちょいい出力ができました。

オンプレミスかクラウドか?

9月 5th, 2019

オンプレミスで提供しているサービスがいくつかある。

何かあるたびに現場に行くのがだるいので、できるだけクラウドにしたいと思う。

で、SQL Serverをがっつり使っているサーバーをクラウドに上げると、とんでもない金額が請求されるので、とりあえず Webサーバーだけでもクラウド化しようかと調べると、わりと調べるのがめんどくさい。情報が多すぎるのだ。

EC2Instances.info

これで多少は整理した状態で比較できる。

これを見ると、t3aで運用しようかと思っていたら、ネットワークが弱いので、m5aあたりがよさげなのがわかる。

さて、クラウドにしてくれれば良いのだが。

Visual Studio 2019 にアップデートしたら2017で作ったWebアプリが動かなくなった

8月 21st, 2019

うむ。では、2017を入れれば良いのだなと思って、ダウンロードしようとすると、サブスクリプションに登録されていないと言われた。うむ、登録していないのに、そんな事を言われても困る。

https://stackoverflow.com/questions/44061932/ms-build-2017-microsoft-webapplication-targets-is-missing

動かすためには2017版の、Web development build tools(Web開発ビルドツール) が必要らしい。

だが、これで入れただけでは動かない。パスが通っていないからだ。アホんだら畜生め。
ということで、必要なファイルが入っていると思われるフォルダをそれらしいフォルダに入れたら起動した。

コピー元フォルダ

C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2017\BuildTools\MSBuild\Microsoft\VisualStudio\v15.0

コピー先フォルダ

C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2019\Community\MSBuild\Microsoft\VisualStudio

なんだかな。

Awesomeをマウスなしで操作する

3月 22nd, 2019

何がいやって、キーボードでアクティブウィンドウを変更しても、マウスカーソルがアクティブウィンドウの上にないと文字入力ができないのである。

なぜかいつのなにかマウス操作主体になってしまう原因がここにある。

なので、マニュアルを引きつつ、rc.lua に以下のコードを追加する。

awful.key({ modkey,           }, "j",
function ()
awful.client.focus.byidx( 1)
c = client.focus
mouse.coords {
x = c.x + c.width / 2,
y = c.y + c.height / 2
}
end,
{description = "focus next by index", group = "client"}
),
awful.key({ modkey,           }, "k",
function ()
awful.client.focus.byidx(-1)
c = client.focus
mouse.coords {
x = c.x + c.width / 2,
y = c.y + c.height / 2
}
end,
{description = "focus previous by index", group = "client"}
),

とりあえず今日のところはここまで。

ウェブサイトの見え方

3月 13th, 2019

色覚障がい者に配慮したWebサイトの作り方

自分がまったく問題がない場合、問題があることすら気づけない。自分もそうだった。
老眼になって見えづらいサイトが増えてきたなーと思ったら自分もやらかしていた。

このウェブサイトもコード表示が黒背景に白文字になっていた。これがまあ普通であれば見れるのだけれども、春になって日差しが強くなってくると、日のあたる机の上のモニターでは非常に見えづらいということに気付いた。

CircleCIを試してみた

2月 28th, 2019

いったいどれくらい周回遅れの話題かわからないけど、CircleCI を試してみた。

お題はこちらの工数入力Webアプリ。

https://github.com/kusanaginoturugi/man-hour

しょぼいアプリなんだけど、工数の入力ができて、毎月報告書をPDFで出力できて、工数の残高を自動計算してくれる自分だけが幸せになるRailsアプリである。

そもそもgithubをリポジトリにしているので、CircleCIに登録するだけでサクっと使えるようになる。

肝となるのは、.circleci/config.yml というYAML形式の設定ファイルの書き方。YAML形式に慣れていないとかなり辛い。慣れていても辛い。

ちゃんと設定できれば、git push origin master する度に、テストが通ることを確認してくれて、テストが通ると、deployまでやってくれるので、最初の設定は大変でも、以降はコードの実装に集中できるので良いと思う。うんうん。

githubに登録して、herokuで公開しているアプリにはうってつけであった。

あれ、gitlabのアプリはどうしよう。

ArchLinux on WSL

2月 26th, 2019

久々にマシンを買い替えたら、フェイスIDが快適すぎて、しばらくWindowsで生活してみようと思った。

最近のWindowsマシンはWSLというものがあり、お手軽にLinuxを動かせるようになっている。UbuntuもDebianも嫌いではないが、Archerとしては、ArchLinuxを入れておきたいものである。

[WSL にインストール]|(https://wiki.archlinux.jp/index.php/WSL_%E3%81%AB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB)

公式Wikiに手順が書いてあるのでさくっと適用。おお、問題なく動く。kusakataさん、いつもいつもありがとう。

追伸: 一日で飽きて、Windowsパーティション毎削除しました。コマンド上から音出せないのはつまらん。

Gnucash Tips

9月 11th, 2017

Gnucashを使いつづけることになったので、これからはもっとGnucashを使い易くしていきたいと思う。すこしでも使いやすくするためのTipsをここに上げていきたいと思う。

  • OFXインポート

JCBカードなどのカード会社は明細をOFX形式で出力できる。これをGnucashに直接インポートすることができる。月毎のOFXデータをまとめてインポートするには、ファイル末尾の</OFX>とファイル先頭から<OFX>の直前までの行を削除して結合する(つまり、一つのファイルに<OTF>,</OTF>が一つずつになるようにする)。ただし、結合してからインポートすると、金額に違いがあった時に間違い箇所がさがし辛いので注意が必要。

  • CSVインポート

銀行などの取引データもWebサイトからダウンロードできる。その場合はだいたいCSV形式になると思う。ダウンロードできる期間が短かいので注意が必要。さらにCSVデータなのに日付が「○○○○年○○月○○日」とか、金額にカンマ区切りとか円マークとかが入っているので、これを修正してからでないとインポートできない(何のためにCSVデータダウンロードを用意してるんだか)。不要箇所を削除したついでに文字コードもUTF-8(DOS)に変換しておいたほうが楽。

Gnucashを使いつづけてよいものか?

9月 6th, 2017

今年こそGnucashから別のアプリに切り替えようかと思って調べてみた。

AlternativesTo

上記のような便利なサイトがあったのでここからいくつかを試してみた。

  • HomeBank

パッケージマネージャーからインストール可能。
QIFファイルからインポート可能。

sudo pacman -S homebank
  • Money Manager Ex

パッケージマネージャーからインストール可能。
QIFファイルからインポート可能。

sudo pacman -S moneymanagerex

バグっぽい。日本語化が中途半端。
日本語表示のためには以下の手順が必要(ln -sの方が良いかもだけど未検証)

sudo cd /usr/share/mmex/po
sudo mkdir en
sudo cp english.mo en/
sudo cp japanese.mo en/
  • KMyMoney

パッケージマネージャーからインストール可能

pacman -S kmymoney
総括

振替伝票形式でないとイメージがつかめないことがわかった。
2017年もGnucashを使いつづけることになりそうだ。

Googleマップで自動車旅行

8月 23rd, 2017

Googleマップを頼りに2400kmほど旅行してきたので、それなりに語っても良いと思う。

  • よかった点
    • 渋滞状況はわかった
    • 到着時刻予測はかなり正確
    • ともかく渋滞を回避したい時の別ルート検索は助かった(ほぼ林道でも案内してくれる)
    • 経路中にある立ち寄り地点への検索は便利。経路から近い立ち寄り温泉に寄れた
  • 悪かった点
    • 通行止め情報はあてになりませんでした(熊本の通行止めのルートを案内されたよ)
    • フェリーを使う場合、フェリー乗り場を経由地に指定しないと物理的な近い岬に案内される
    • 三崎港から出るフェリーはなぜか大混雑しており、予約しないと乗れないのだが、そんなことはおかまいなしさ。
    • 地元の人しか通らないような裏道を案内する。危うい
    • SAPA情報などの情報は別アプリで調べる必要がある
    • マップ表示中にアプリを切りかえると、ルート案内をやりなおすので、いつのまにか別のルートにされてしまう
    • そんなルート通らねえよという道をあえて勧めてくる癖がある
    • モバイルバッテリー必須。0.5Aの充電器ではまにあわない
  • これってどうなの?
    • 淡路島から兵庫県を抜ける際、北上してから六甲山トンネルを南下して通過するルートを案内された。すげー遠回りだけど、地味に早かった