Rails4を使ったシステムの構築

8月 31st, 2013 by onoue Leave a reply »

Ruby on Rails / Andrew*

歯科医院用の診療記録のシステムを作成しました。

開発環境など

  • プログラミング言語 Ruby v.2.0
  • フレームワーク Ruby On Rails v.4.0.0
  • CSSフレームワーク Twitter BootStrap v.2.3.2
  • 主に使用したエディタ Sublime Text 2
  • PDF出力に使用したツール wkhtmltopdf v.0.9.9.1

主な内容

  • 患者情報の入力・表示・保存
  • BPI値、Pd値の入力・保存
  • BPI値、Pd値の平均値の表示
  • BPI値のカラー表示・印刷
  • BPI値の履歴表示・印刷

総括

  • PaaSとしてHerokuを使用。Herokuはとても簡単にデプロイできるので好きだ。
  • ソースコードの記述は簡潔に書けた。Rails4になり、さらに簡潔に書けるようになり、ソースコードが設計書(仕様書)に近くなった。
  • テストコードをほとんど書かなかった(ロジック部が薄いので)。やはり最初から意識してテストコードを書かないと、途中からは書けない。
  • 今回もCSSまわりで躓いた。やはりきっちり勉強しておかなければ。
  • HAML、Slimに関しては微妙。大量のページを作るのなら便利かもれないが、この規模ならまだ導入するのは躊躇する。次にやるときは最初から使うならありかも。SlimかHamlか、Rails Rumbleで使われたGem
  • PDF出力のwkhtmltopdfのバグでテーブルの途中で改行が入る問題が残ってしまった。(現在対応中なので、すぐに修正されるはず)
  • RDOCの出力はYARDを使った。
  • rails4が出たばかりで情報がないので最初は苦労した。しかし、それでも新しいものを使う方が効率が良いことがわかった。
  • ユーザーのパスワード変更のためにgmailの二段階認証を使えたのはよかった。
  • 今のところ1ユーザー専用になっているが、将来的にはSaaS展開を目標としているので、その場合の設計はこれから検討する。
  • Saasの決済用にPayPalを検討中。PayPalは、PayPalアカウントを持っていないと使えないので、クレジット決済の方法も調査する。
Advertisement

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。